男女

未婚者やバツイチが参加できる婚活パーティー|気の合う人を見つける

素敵な出会いをする

ハート

婚活をするときには結婚相談所を利用すれば効率的に相手探しをすることができます。合コンや婚活パーティーでは相手の情報を知らないですが、結婚相談所なら最初にプロフィールを確認できるので情報を把握してお見合いをできます。

もっと読む

スピードを意識

2人の女性

普通に異性と出会ってお付き合いをするとなると、結婚までにかなりの時間をかけてしまいます。結婚相談所ならお付き合いから結婚するまでのスピードが早いので、早く結婚したい方に向いているといえます。

もっと読む

全国で行なわれている

3人の女性

2011年頃には10件程度だった街コンは、その手軽さから若者を中心に人気を集め、徐々に全国各地に広がりを見せました。最盛期には全国で様々な街コンが開催され、多くは街ぐるみで行う「男女共に多くの参加者を集めた大型のイベント」が主流でした。当時、参加費用は平均で男性が6000円前後、女性が4000円前後と比較的リーズナブルで、更に制限時間内に会場のお店を自由に利用することができる事も人気を集めた理由の1つでした。更に広く認知されるようになり、イベント数が増えるにつれて、街コンの内容も細分化されるようになりました。「職業や収入を制限した街コン」、「人気の飲食店を会場とした小規模の街コン」などイベントの付加価値を高める一方、イベントごとの参加費用の幅も大きくなってきています。

少子化問題と並び、今日本の深刻な問題として掲げられているのが日本人の未婚率です。性別・年齢を問わず、未婚率は年々増加を辿っており、この予防策としても今街コンが注目されています。2000年代以降、地方自治体は結婚パーティーや結婚相談窓口などを開設するなど様々な結婚支援事業を行ってきました。しかしながら未婚率の増加にはなかなか歯止めをかけることはできず、2011年には過去最低の結婚数となりました。その後、東日本大震災などの影響もあり、生涯のパートナーについて真剣に考える若者が増え、「婚活」として出会いの場所を求める声も徐々に増えてきました。そこで、新たな結婚支援事業として国や地方自治体が街コンのイベントを主催し、出会いの場所を提供する機会を積極的に設けています。また、未婚者の婚活だけでなく、バツイチの方の婚活もサポートが強化されるようになりました。バツイチの方限定のお見合いや街コンも増加し、バツイチ同士での婚活も一般的となりつつあるのです。そのため、最近は未婚やバツイチの方でも、理想の相手を探しやすい社会となっているのです。

気軽に利用できる

男女

現在では婚活ビジネスが広く普及していることから、インターネットで手軽に登録できる婚活サイトや、お見合いパーティーよりも気軽に参加できる街コンなどが増えています。

もっと読む